• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“脱ケチ”広島は引き留められるか 今季FA丸佳浩を巨人狙う

 オリックスの西らも取得見込みのこのオフのFA戦線で、超目玉はこの丸だ。もしFA権を行使するようなら、争奪戦は必至。中でも興味津々なのは巨人だという。

「安打製造機はどこも欲しいだろうが、巨人は左打者が補強ポイント。坂本、岡本、ゲレーロ、マギー、長野、小林、陽岱鋼ら、現レギュラー陣に左打者がいない。広島は年俸が高額になってくると、抱え切れなくなって、FAで流出させてしまうという歴史を繰り返している。丸は関東の千葉出身。かつて広島から巨人へFA移籍した大竹は埼玉出身で『地元の関東で野球がしたい』と移籍を決断した理由を語っています」(球界関係者)

 今季はここまで打率・312、5本塁打、16打点。リーグトップの出塁率・530を誇る。現在は右太もも裏の筋挫傷で離脱中。交流戦が始まる29日の復帰を目指す。広島は昨季のMVP男を引き留められるか。その動向を巨人が静かに注目している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る