• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

谷口徹の50歳メジャーVで露呈…男子ツアー20代プロの低迷

 先週の日本プロゴルフ選手権は、50歳になった谷口徹がプレーオフの末に優勝しました。それまでジャンボが持つ49歳だった公式戦の最年長優勝記録を更新し、日本プロタイトルは3度目の快挙です。シニア年齢になって5年シードを獲得して、まだまだレギュラーで戦い続けるのは素晴らしいことです。

 ただ喜んでばかりもいられません。20代の若い選手がなぜ勝てないのか、という男子ツアーの問題点が同時にクローズアップされたからです。

 女子ツアーは勢いのある20代が優勝することが多く、ベテランを脅かすなど競争が激しくなって活性化しています。

 それに比べると、男子ツアーは若いプロに元気がありません。

 実際、「このプロは凄い」という名前と顔が一致する選手が見当たりません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る