鬼門突破で大関狙う栃ノ心 三保ケ関親方が語る好調理由

公開日:

「(初日より)今日の方が内容は良かったよ」

 支度部屋で得意げにこう話したのが、2連勝の栃ノ心(30)だ。

 14日の2日目は気鋭の阿炎と対戦。立ち合いからもろ手突き、ノド輪で攻められ、突っ張りの応酬になるも、最後は左まわしを引いて、一気に寄り切った。

 突っ張りは阿炎の代名詞。それをしのいで自分の型に持ち込んだとあれば、冒頭の言葉もうなずける。

「どこかで絶対につかまえようと思っていた。引かれないように、引かれても落ちないように意識していた。今は下半身がしっかりしている」とは本人の弁だ。

 今場所は大関とりがかかっている。初場所は14勝1敗で初優勝を果たすと、先場所は10勝5敗。大関の昇進基準は「3場所で33勝以上」なので、今場所のノルマは9勝。とはいえ、さすがに尻下がりでは印象が悪く、9勝止まりなら昇進見送りの可能性もゼロじゃない。大関の地位を確実にするためにも、勝ち星は2ケタに乗せたいはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る