鬼門突破で大関狙う栃ノ心 三保ケ関親方が語る好調理由

公開日:

「(初日より)今日の方が内容は良かったよ」

 支度部屋で得意げにこう話したのが、2連勝の栃ノ心(30)だ。

 14日の2日目は気鋭の阿炎と対戦。立ち合いからもろ手突き、ノド輪で攻められ、突っ張りの応酬になるも、最後は左まわしを引いて、一気に寄り切った。

 突っ張りは阿炎の代名詞。それをしのいで自分の型に持ち込んだとあれば、冒頭の言葉もうなずける。

「どこかで絶対につかまえようと思っていた。引かれないように、引かれても落ちないように意識していた。今は下半身がしっかりしている」とは本人の弁だ。

 今場所は大関とりがかかっている。初場所は14勝1敗で初優勝を果たすと、先場所は10勝5敗。大関の昇進基準は「3場所で33勝以上」なので、今場所のノルマは9勝。とはいえ、さすがに尻下がりでは印象が悪く、9勝止まりなら昇進見送りの可能性もゼロじゃない。大関の地位を確実にするためにも、勝ち星は2ケタに乗せたいはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る