• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鬼門突破で大関狙う栃ノ心 三保ケ関親方が語る好調理由

「(初日より)今日の方が内容は良かったよ」

 支度部屋で得意げにこう話したのが、2連勝の栃ノ心(30)だ。

 14日の2日目は気鋭の阿炎と対戦。立ち合いからもろ手突き、ノド輪で攻められ、突っ張りの応酬になるも、最後は左まわしを引いて、一気に寄り切った。

 突っ張りは阿炎の代名詞。それをしのいで自分の型に持ち込んだとあれば、冒頭の言葉もうなずける。

「どこかで絶対につかまえようと思っていた。引かれないように、引かれても落ちないように意識していた。今は下半身がしっかりしている」とは本人の弁だ。

 今場所は大関とりがかかっている。初場所は14勝1敗で初優勝を果たすと、先場所は10勝5敗。大関の昇進基準は「3場所で33勝以上」なので、今場所のノルマは9勝。とはいえ、さすがに尻下がりでは印象が悪く、9勝止まりなら昇進見送りの可能性もゼロじゃない。大関の地位を確実にするためにも、勝ち星は2ケタに乗せたいはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事