• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

オリ金子に思う “頭髪推移”に似たベテランエースの落日

 私は虎党だが、阪神以外の球団にも好きな選手はいる。オリックス・金子千尋はそのひとりだ。

 彼の魅力は、簡単に言えば痛快さにある。MAX150キロ超のストレートがあるにもかかわらず、オールスターなどの祭典では人を食ったように変化球主体のピッチングをしたり、いつだったかイチローと練習で対戦した際も淡々と変化球で打ち取ったり、なんというか球界に古くからはびこる「真っ向勝負=ストレート一本やり」といった安直な風潮に乗らないところがいい。変化球を得意とする投手が、変化球で勝負することは邪道でも逃げでもない。それこそが自分にとっての真っ向勝負だ。そう主張するかのようなリベラルさが、私には魅力的なのだ。

■安直な風潮に乗らない

 ちなみに、先述したイチローとの対戦では、当時オリックスに在籍していた清原和博が「ストレートで勝負せなあかんやろ!」と金子に苦言を呈したという。いかにも昭和の高校球界で育った清原らしいヤンキーイズムあふれる言葉だが、私はなぜダメなのかわからない。投手には本格派から技巧派まで多様なタイプがいて、だからこそ野球の奥深さがわかるはずなのに、それを恣意的に簡略化するのは野球の魅力をそぎ落とす行為だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る