鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔アメリカ野球愛好会副代表

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。法政大学社会学部兼任講師。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

米国にも存在? メジャーリーグにおける「忖度」の事例

公開日:

 学校法人森友学園への国有地払い下げをめぐる問題では、それまで難解な言葉と思われていた「忖度」が日常語となった感がある。もちろん、話し手がいる言語は絶えず言葉の意味が変わるのだから、「忖度」に新しい意味が加わることは当然だ。

 それだけに、今や忖度が「他人の心を推し量る」という本来の意味を超えて「相手の顔色をうかがい、迎合する」という新しい意味が加わったことは、言葉の意味がどのように変化するかを示す興味深い事例といえる。

 ところで、「相手の顔色をうかがい、迎合する」という意味での「忖度」は、自らの主張を言葉で明確に表現することを好む傾向の強い米国には存在するのだろうか。

 5月19日に英国のヘンリー王子と結婚する女優のメーガン・マークルも出演していたことで知られる「SUITS スーツ」など、米国では弁護士を主人公とするテレビドラマが多い。また、ジェームズ・スチュアートが主演した1939年の映画「スミス都へ行く」のように、主人公の演説が重要な意味を持つ作品も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る