• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロ日本一決める大会でも…50歳谷口徹が優勝争いの背景

【日本プロゴルフ選手権】

 すでにシニアデビュー年齢になったビッグマウスで知られる50歳の谷口徹。今季は賞金シード(32位)資格でレギュラーで戦っており、今大会は2日目が終わってトップと2打差2位タイにつけた。

「今日はピン位置が難しくて、少ないバーディーチャンスを拾っていくという感じでした。(過去2勝、昨年優勝争いしての3位は)たまたまセッティングが自分にあっているんですかね」(谷口)

 来季の賞金シード獲得にも意欲を燃やしており、経験豊富なのだが、上位には20代プロが少ない。

 9位タイまでの11選手中、20代は2位タイ・稲森佑貴(23)と8位・藤本佳則(28)の2人だけ。

 その一方で首位キープのB・ジョーンズ(43)ら40代は3人もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事