• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

移籍騒動で大揺れ バド福島&広田組と恩師の気になる関係

 10日、バドミントン日本代表が、国別対抗戦(20日開幕=バンコク)に向けた合宿を公開。

 先月末に再春館製薬所を退社し、岐阜トリッキーパンダースに入社した世界ランキング3位の福島由紀(25=写真右)、広田彩花(23=同左)組も約1時間、汗を流した。

 すでに日本協会による移籍手続きが完了。今後は「岐阜」で、再春館製薬所元監督の今井彰宏氏(48)の指導を受け、東京五輪出場を目指す。

 福島、広田の2人が大企業の安定した正社員の立場を捨ててまで移籍したのは、今井氏の指導に傾倒しているからに他ならない。

 複数のバドミントン関係者によれば、今井氏は常に海外にアンテナを張り、戦術の情報収集に余念がない。研究熱心なうえに、理論派としても知られる。新たな練習、トレーニングを取り入れる際には、不安や迷いを取り除くため、選手が納得するまで説明を繰り返すという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事