• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

トカゲ歩きの効果 ダニエル太郎が体現した“継続は力なり”

 驚きの春になった。川内優輝のボストンマラソン優勝も仰天ニュースだったが、錦織圭の復活を待つ男子テニスで、ダニエル太郎がツアー初優勝したのには驚いた。

 日本の男子としては松岡修造、錦織圭、杉田祐一に次ぐ史上4人目の快挙だ。

 前々回、「クレーはダニエル太郎の季節」と書いた。書きはしたものの、まさか優勝するとは思わなかった。イスタンブールのATP250でのこと。ダニエルは当初、同じ週のポルトガルのエストリル250の予選に出場するつもりでいた。直前にイスタンブールで本戦ダイレクトインできると知り急きょ移動、そこで5勝したのだ。昨シーズンの成績が4勝10敗だったことを思えば、天にも昇る気分だろう。

 集中力が持続し、準々決勝、準決勝ともファイナルセットのブレークダウンから逆転勝ち。準々決勝では第3セットを0―4からひっくり返し、決勝でも先にセットポイントを握られながら踏ん張った。昨年秋、日本に拠点を移した転地効果は明らかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る