武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

トカゲ歩きの効果 ダニエル太郎が体現した“継続は力なり”

公開日:

 驚きの春になった。川内優輝のボストンマラソン優勝も仰天ニュースだったが、錦織圭の復活を待つ男子テニスで、ダニエル太郎がツアー初優勝したのには驚いた。

 日本の男子としては松岡修造、錦織圭、杉田祐一に次ぐ史上4人目の快挙だ。

 前々回、「クレーはダニエル太郎の季節」と書いた。書きはしたものの、まさか優勝するとは思わなかった。イスタンブールのATP250でのこと。ダニエルは当初、同じ週のポルトガルのエストリル250の予選に出場するつもりでいた。直前にイスタンブールで本戦ダイレクトインできると知り急きょ移動、そこで5勝したのだ。昨シーズンの成績が4勝10敗だったことを思えば、天にも昇る気分だろう。

 集中力が持続し、準々決勝、準決勝ともファイナルセットのブレークダウンから逆転勝ち。準々決勝では第3セットを0―4からひっくり返し、決勝でも先にセットポイントを握られながら踏ん張った。昨年秋、日本に拠点を移した転地効果は明らかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る