• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

森岡隆三<2>「代表背負った西野さんは勇気ある方だなと」

「今季J3での目標は勝ち点50、総得点50、総失点30です。昨季は勝ち点21、総得点31、総失点63だったから、いかに高い目標かというのが分かるでしょう」とJ3鳥取の森岡隆三監督は、強い意気込みを持って今季を迎えた。開幕6戦負けなしと好発進したが、その後は1分け3敗と苦戦を強いられている。2002年日韓W杯戦士は、監督業の難しさと厳しさを痛感する日々だ。

(取材・構成=サッカージャーナリスト・元川悦子)

 08年に京都で現役引退した森岡が、指導者人生に踏み出したのは15年。

 京都U―18監督で2年間指揮を執った後、鳥取の監督に転身した。

「J1のクラブからコーチ就任という話もありましたが、鳥取の吉野智行強化部長からの誘いが大きかった。彼とは前々から面識もあってサッカー観も合うし、チームをつくり上げていく作業にも興味が湧きました。それで決めました」(森岡)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る