田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

西野監督は長谷部をリベロで起用する3DFを試してほしい

公開日:

 4月は少し体調を崩したり、ハリルさんが電撃解任されたり、後任に日本代表の後輩である西野朗氏が就いたり、知り合いが職場から救急車で運ばれたり……。何ともせわしない日々が続いた。

 しかし、サッカーの一大イベントであるロシアW杯は待ったなし! どんなにドタバタジタバタしようが、6月14日に開幕して日本代表は19日に初戦のコロンビア戦を迎える。西野監督は、どんな戦術で戦うつもりなのか? 非常に興味深いところだが、ひとつだけ“GK目線”で提案したいことがある。それは「4DFをベースにしながら、MF長谷部をリベロで起用する3DFを試してほしい」である。

■攻撃の起点にも

 彼の主戦場はボランチだが、34歳という年齢に加えて持病である両ヒザ痛も癒えていないのだろう。17年のW杯最終予選後半戦から、パフォーマンスが低下している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る