意外な二足のわらじ アテネ柔道銀メダリスト泉浩さんは今

公開日:  更新日:

 2年後に迫る東京五輪。日本の“お家芸”柔道にメダルの期待が集まるが、本日登場の泉浩さんは2004年に開催されたアテネ五輪・男子90キロ級の銀メダリストだ。さて、今どうしているのか?

■柔道部監督と昼夜逆転の生活

「去年の10月から、ここの鮮魚と魚加工品の卸売会社で働いています。主な仕事は、スーパーや鮮魚店、飲食店といった取引先の発注に応じて、商品の手配をして発送手続きをすること。やっと半年経ったところなので、魚種はもちろん、覚えることがまだまだたくさん。毎日勉強ですよ」

 泉さんと会ったのは、羽田空港にほど近い東京都中央卸売市場・大田市場。青果と花卉の取扱量世界一を誇り、移転問題に揺れる築地市場と東京の台所を2分する巨大市場だ。

「今なら、初ガツオ、サワラ、ウニ、イサキが旬です。もう少しすると、スルメイカやアオリイカ、江戸前のアナゴ、クロダイも出てきますね。市場には130トンの活魚用大型備蓄水槽が21基あって、規模としては国内屈指。国内外のイキのいい魚を大量に取り扱っているのも強みなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る