• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連合稽古でもズタボロ 崖っぷち稀勢の里を芝田山親方酷評

「なにをしたいのか分からない」

 稽古を見守った、一門の芝田山親方(元横綱大乃国)は手厳しかった。

 13日に初日を迎える5月場所を前に、一向に調子が上がらない横綱稀勢の里(31)。8日に行われた二所ノ関一門の連合稽古でも琴奨菊に翻弄され、「左を差すのか、右で上手を取るのか、それとも押すのか。気持ちと体が噛み合ってないのか、バラバラだ」と芝田山親方に酷評された。

「まあ、これから」

 稽古後、本人はそう言ったが、本場所まで1週間を切っている。“これから”たった数日間で、いったい何をどうしようというのか。一門の親方衆から苦言が相次いだのも当然である。

 仮に5月場所も休もうものなら、7場所連続休場。これは晩年の貴乃花(現親方)に並んで、史上最多タイの連続休場記録だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事