• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

J神戸入り報道のイニエスタ 巨額年俸3年100億円の出どころ

「Jリーグ創成期のジーコ(ブラジル代表MF)やリネカー(イングランド代表FW)と比べても遜色ないどころか、まごうことなきサッカー界のスーパースターです」

 こう話すのは、サッカーグラフィック誌元編集長の中山淳氏。スペインの名門バルセロナの主軸としてリーグ9回、欧州CL4回、クラブW杯3回制覇の原動力となったMFイニエスタ(33)のJ1神戸入りが取り沙汰され、世界中で大きな話題となっている。

 今季限りでバルセロナ退団を表明していたイニエスタの移籍先は、中国リーグ1部の重慶力帆が有力視されていた。しかし7日にクラブが加入を否定する声明を発表。スペインの地元メディアが「バルセロナの胸スポンサー・楽天が経営を担っている神戸に移籍する可能性が出てきた」と書き立て、「年俸32億円・3年契約」という具体的な条件も含まれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事