• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

運気下り坂 ハリル・チルドレン3人衆が代表に及ぼす悪影響

 電撃解任されたハリルホジッチ前監督には、代表常連組の中でも大のお気に入りの「ハリル・チルドレン」がいた。

 その選手たちが今、所属クラブで苦境に立たされている。まずは仏1部メスに所属しているGK川島永嗣(35)である。6日のホーム戦を1―2で落とし、今季2試合を残して3年ぶりの2部降格が決定してしまった。この試合でメスのシュートは8本。相手チームは17本。今季リーグの大半の試合で劣勢を強いられ、シュートを山ほど打たれながらも好セーブを連発。孤軍奮闘してきた川島だったが、それでも2部降格を回避することはできなかった。

 英プレミア・サウサンプトンでプレーするCB吉田麻也(29)は、5日のエバートン戦で大チョンボをやらかした。後半40分に2度目の警告を受けて退場。チームは終了間際の失点で1―1のドロー決着。CBがひとり減ったことで守り切れず、勝ち点3を失った格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事