• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

場所直前に風邪…稀勢の里に「さっさと引退を」と苦言

「横綱としての自覚、責任感が何も感じられない。こんな横綱、見たことがありませんよ」

 評論家の中澤潔氏が呆れ果てるのも無理はない。

 6日、横綱稀勢の里(31)が風邪でダウン。本来赴くはずだった出稽古は中止になり、7日に行われる二所ノ関一門の連合稽古は、当日の体調を見て判断するという。

 稀勢の里はもっか6場所連続休場中。「次に出る場所で覚悟を決める」と決意し、13日が初日の5月場所には出場する気満々だった。それがどうだ。途中参加した春巡業中はのんびりとスロー調整。3日の稽古総見では鶴竜、栃ノ心に手も足も出なかった。揚げ句、進退をかけるはずの場所直前になって風邪では、体調管理を怠っていたと非難されても文句は言えないだろう。

「体にしまりがなく、太りすぎ。稽古総見での負け方も、新入幕の力士かと思ったくらいだった」と、中澤氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事