• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

内村外しか 全日本体操個人総合「新大会形式」導入の狙い

 ついに世代交代か。10月の世界選手権(ドーハ)などの代表選考を兼ねた全日本体操個人総合選手権が27日に開幕。今大会はリオ五輪金メダルの内村航平(29)による前人未到の11連覇が懸かる。

 内村は昨年10月の世界選手権(カナダ)で左足首を負傷し、復帰戦となったW杯カタール大会(種目別)では全4種目で予選落ちした。前日会見で内村は「(11連覇より)下も育ってきているだけに、ミスなく手堅く代表入りしたい」と話したが、優勝はもちろん、日本代表入りにも黄信号がともっている。

 今年から大会形式が変わり、予選、決勝の2日間の合計得点で順位を決める。先のW杯東京大会(個人総合)を制した白井健三(21=写真)は、過去の実績と連戦を考慮され、W杯得点(86.064点)が予選に持ち越しとなる。白井が85点台で2位以下に終わっても、他の選手が86.064点を上回らなければ、白井が予選1位通過となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事