• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

加地亮<3>「代表がまとまるには年齢や経験は関係ない」

 ロシアW杯イヤーの2018年2月。元日本代表DF加地亮は、大阪府箕面市で経営する「CAZI CAFE」で第2の人生を力強く踏み出した。「朝9時には店に行き、帰るのは深夜0時ごろ。ランチの時間帯は皿洗いに奔走してます。サッカー選手よりも、はるかに労働時間が長いですよね」と笑う彼の元にはかつてのチームメートもしばしば訪れている。「CAZI CAFE」は、加地が西野朗監督率いるG大阪でプレーしていた11年7月にオープンした。この2月からはオーナーである妻・那智さんと揃って店で働くようになった。

「嫁がカフェをやりたいと言い出し、経営計画を練って資金調達。古民家を探してリフォームしつつ、家具や食器を揃えるといった作業を率先してやりました。彼女は滝川二高(兵庫)時代のサッカー部マネジャーなんですが、決断力や実践力も備わっている。カフェの仕事は天職ですね」と加地はしみじみと語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事