• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

計量ミスで厳罰処分も…比嘉大吾は階級変更で復活できるか

 25日、JBC(日本ボクシングコミッション)が前WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(22)の処分を発表した。

 比嘉は15日に行われた防衛戦の前日計量で900グラムのオーバー。体重超過でタイトルを剥奪されていた。

 この日、JBCは倫理委員会を開き、比嘉のボクサーライセンスの無期限停止を決めるとともに、ファイトマネーの20%を制裁金として徴収。具志堅会長らジム関係者にも戒告処分を与え、復帰の際は1階級以上上げることを申し渡した。

 日本選手の世界戦での計量失敗は比嘉が初めて。厳しい処分は当然だが、一方で安河内JBC事務局長は「(比嘉は)ボクシング界の宝。どう救済するかも考えた」とも話している。無期限とはいえ、1年程度で処分は解けるのでは、ともっぱらだ。

 比嘉はかねて、減量を苦にしていた。それだけに階級変更はむしろプラスだろう。あるジム関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事