ボストン賞金でプロに 川内が証明“マラソン選手の稼ぎ方”

公開日:

「こう言ったら本人は怒るだろうが、宝くじに当たったようなものだな」

 ある陸上関係者がこう言ったのはボストンマラソンで優勝した川内優輝(31)のことだ。

 今年の「ボストン」は、気温3度で強い雨と風。厳しい条件の中でアフリカ勢のペースが上がらず、暑さは苦手でも寒さにはめっぽう強い川内が先頭でゴール。世界中を「あっ!?」と言わせた。この優勝で15万ドル(約1600万円)もの賞金を手にし、来年4月からのプロ転向を宣言。悪天候サマサマではないか。

 ちなみにボストンの優勝賞金は、世界最高額のドバイマラソン(20万ドル=約2180万円)に次ぐもの。さらに川内は、世界の主要マラソン大会で構成される「ワールド・マラソン・メジャーズ」の17―18年シーズンの8大会の獲得ポイントによる総合成績が3位となり、2万5000ドル(約270万円)も獲得。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る