• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ボストン賞金でプロに 川内が証明“マラソン選手の稼ぎ方”

「こう言ったら本人は怒るだろうが、宝くじに当たったようなものだな」

 ある陸上関係者がこう言ったのはボストンマラソンで優勝した川内優輝(31)のことだ。

 今年の「ボストン」は、気温3度で強い雨と風。厳しい条件の中でアフリカ勢のペースが上がらず、暑さは苦手でも寒さにはめっぽう強い川内が先頭でゴール。世界中を「あっ!?」と言わせた。この優勝で15万ドル(約1600万円)もの賞金を手にし、来年4月からのプロ転向を宣言。悪天候サマサマではないか。

 ちなみにボストンの優勝賞金は、世界最高額のドバイマラソン(20万ドル=約2180万円)に次ぐもの。さらに川内は、世界の主要マラソン大会で構成される「ワールド・マラソン・メジャーズ」の17―18年シーズンの8大会の獲得ポイントによる総合成績が3位となり、2万5000ドル(約270万円)も獲得。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る