• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界1位撃破の勢い続くか 張本を待つ中国勢の“リベンジ魂”

「自分が活躍して金メダルを取りたい」と言ったのは卓球の張本智和(14)だ。

 卓球男子の日本代表は24日、世界選手権団体戦(29日開幕=スウェーデン・ハルムスタード)に向けて出発。昨年の同個人戦で史上最年少の8強入りを果たした張本が大会前の決意を語った。

 2月のW杯団体戦は男女とも中国に敗れて準優勝。いつもの攻撃的なプレーを封じられた張本は通算3勝4敗に終わった。それでも4月初旬のアジア杯(横浜)1次リーグでは、世界ランク1位の樊振東(中国)を3―1で破り「本当に信じられない。バックでいいボールが出た。東京五輪の前に1回は越えたい壁だった」と語っていた。

 世界選手権で樊振東との再戦があるかはわからないが、張本の真価が問われるのは次戦だ。

 世界最強の中国は、日本選手に敗れると次の対戦では必ずリベンジする。昨年も、4月のアジア選手権(中国・無錫)女子単準々決勝から、リオ五輪金で世界ランク1位の丁寧、同2位の朱雨玲、同5位の陳夢が、ホームで次々に当時17歳の平野美宇(同11位)に敗れた。すると中国は、2カ月後の世界選手権(ドイツ)まで平野にプレースタイルが似た選手を選んで猛練習し、丁寧が準決勝で平野を4―1で下した。

 アジア杯で張本に負けた樊振東も連敗は絶対に許されない。当然張本を徹底研究しているはずだ。その相手に勝ってこそ、「東京五輪で金メダルを取る」という目標も、少しは現実味を帯びてくるというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る