• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日体大で練習再開 レスリング伊調が母校と恩師に意趣返し

 レスリングの絶対女王が再スタートを切った。

 かつての恩師である栄和人・至学館大学監督によるパワハラ被害が認定された五輪4連覇の伊調馨(33)が練習を再開したのだ。

 長らく伊調を個人指導し、現在は母校である日体大女子レスリング部の外部コーチを務める田南部力氏(警視庁)によれば、同大の道場で学生を相手に汗を流している。栄監督の圧力もあって、練習場所の確保もままならなかった金メダリストの懸案事項がひとまず解決した。

 日体大レスリング部はOBも含めて男子は五輪、世界選手権などで多数のメダリストを輩出。ここ数年は女子の強化にも力を入れており、部員も年々、増加。現在は12人(留学生1人)と女子としては大所帯になった。エリート選手が集まる至学館大ほどではないにしろ、有望な選手も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る