• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ケガ乗り越え準V 錦織「復活」でグランドスラム狙えるのか

 4度目の正直とはいかなかった。

 男子テニスのモンテカルロ・マスターズ決勝が22日に行われ、世界ランク36位の錦織圭(28)は同1位のラファエル・ナダル(31)に3―6、2―6で敗れた。過去に4大大会に次ぐ格付けのマスターズを制した日本人はいない。錦織がマスターズ決勝に進んだのは2016年7月のロジャーズ・カップ以来、4回目だったが、またしても壁を破ることはできなかった。

 昨年8月、右手首腱の部分断裂で長期離脱。今年1月に復帰したものの、世界ランクは自己最高の4位から大きく後退した。しかし、復帰後、ツアー4戦目の今大会は強豪を次々に撃破して決勝に進出した。

「ケガから復帰後はマスターズの決勝に進んだのが初めてだし、タフな1週間だった。ラファ(ナダル)は今週、とても圧倒的だった。いつか、また(ナダルに)挑戦していい試合ができるようにしたい」とは、試合後の本人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事