錦織圭はベテラン下し8強 次戦は世界3位チリッチと

公開日:  更新日:

 男子テニスのモンテカルロ・マスターズ(モナコ=クレーコート)は19日(日本時間20日)、シングルス3回戦を行い、世界ランキング36位の錦織圭(28)が、同62位のアンドレアス・セッピ(34=イタリア)をセットカウント2―1で下し、準々決勝進出を決めた。

 錦織はベテラン相手に1ゲームも与えず、第1セットを先取。第2セットは相手の強打に苦戦し、第4ゲームから5連取を許して追い付かれた。第3セットは錦織が多彩なショットで相手を翻弄し、今大会初の8強入りを決めた。

 今大会と同じクレーコートで行われる5月の全仏オープンに向けて調子を上げてきたが、次戦は難敵が立ちはだかる。世界ランキング3位で第2シードのマリン・チリッチ(29=クロアチア)だ。錦織は過去14度の対戦で7勝6敗。直近では16年のATPツアー・ファイナルズ(ロンドン)で逆転負けを喫している。錦織はライバルを蹴散らして、全仏オープンに弾みを付けたいところだ。

▽錦織のコメント
「徐々にいいテニスができてきている。(次のチリッチ戦は)相手のビッグサーブとアグレッシブなプレーに気を付けたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る