• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

重永亜斗夢が初Vも…最終日オーバーパーに評論家が苦言

【東建ホームメイトカップ 最終日】

 首位発進のプロ11年目、重永亜斗夢(29)がツアー初優勝を遂げた。大会3日目に8バーディー、ノーボギーの63をマークしてトップに躍り出たが、風が吹いた最終日になると前日と打って変わり73と崩れた。それでも追い上げる選手もなく、ラッキーな逃げ切りだった。

 いっぽう初日、2日目とトップをキープした新選手会長の石川遼(26)は3日目に勢いを失って、この日は4打差2位タイ発進。ツアー14勝の実績があり、賞金王にも立つなど優勝争いの経験は豊富。最終組でプレーする未勝利の重永に重圧をかける絶好のポジションにつけていた。

 前半を終わって重永に1打差まで詰め寄ったが、その差を最後までひっくり返すことができずに2位フィニッシュ。そして最終組でプレーしたもうひとりの2位発進、片山晋呉(45)は73をたたき5位タイに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事