71年ぶり最速10敗の屈辱 巨人が“接戦に弱い”元凶をOB指摘

公開日:

 巨人は昨15日の広島戦でリーグ最速の10敗目を喫した。開幕15試合目までの10敗(5勝)は、1947年の14試合目以来、71年ぶりの屈辱だ。

 2―2の七回から登板した上原が広島・菊池に勝ち越し本塁打を許すなど3失点。3点ビハインドの九回に1点差まで追い上げたものの、1死満塁から3番ゲレーロが投ゴロ、4番マギーが一直に倒れジ・エンド。あと1点が届かなかった高橋由伸監督(43)は「中軸で勝負という形まで持っていったけど1本が出なかった」と唇をかんだ。

 この日で対戦が一回りした。巨人は10敗全てで先制点を奪われ、3点差以内で2勝7敗と接戦にめっぽう弱い。2敗目の上原は「打たれているわけだから良くはない」とうなだれたが、悪いのはリリーフ投手だけではない。

 現在リーグトップのチーム打率.271の打線にも問題がある。3点差以内の9試合で七~九回の終盤3イニングに挙げた得点は、この日の2点を含め、26回で7点。1イニング平均で0.27点と接戦の終盤に打線が援護できていない。巨人OBで評論家の高橋善正氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る