DeNA17年ぶり8連勝 暗黒時代知る筒香が語る絶好調の理由

公開日:  更新日:

 勢いが止まらない。

 15日、DeNAが中日に3タテの快勝。7日の広島戦から負けなしの8連勝と強さを見せつけている。DeNAが8連勝以上を記録したのは、前身の横浜時代の2001年以来。つまり17年ぶりの快挙だ。

 横浜が1998年に優勝した当時の強力打線は「マシンガン」と呼ばれていたが、ラミレス監督はスモールベースボールへの意識も高い。この日も初回から象徴的なシーンがあった。1死一塁の場面、筒香の右前打で一、三塁とし、ロペスが倒れて2死。宮崎が二塁打を放つと、筒香が一塁から一気に生還した。

 指揮官は「ロペスや筒香ら体の大きい選手にも、1つでも先の塁を目指してほしい。筒香にも盗塁のサインを出すかもしれない」と話した。ラミレス監督の多彩な采配や選手の意識変化も好調の要因といえそうだが、チームの主砲であり、3年前からキャプテンを務める筒香は、10年に横浜に入団し、08年から5年連続最下位に沈んだ「暗黒時代」を知るひとり。今のチームをどう見ているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る