• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

大阪桐蔭が春連覇 “1強時代”に強豪校は危機感を持つべきだ

 センバツ甲子園は大阪桐蔭が史上3校目の春連覇を果たした。

 代表校が決まった際、このコラムで「優勝確率70%」と書いた。負けるとすれば、西谷監督の「継投ミス」としたが、智弁和歌山との決勝のマウンドを背番号「1」の柿木ではなく、「6」の根尾に託したのはさすがだった。2人とも好投手ではあるが、苦戦した三重との準決勝で柿木は2失点。根尾がリリーフで8イニングを無失点と流れを変えていた。

 他校と比べて選手層がズバぬけていた。根尾、柿木、横川のプロが注目する投手陣。野手では藤原、主将の中川、捕手の小泉らレベルの高い選手が揃う。今大会で目についたのは、その根尾と藤原、智弁和歌山の主砲・林くらいだった。プロ注目とされる東海大相模の森下は、内角の引っ張り専門。外角にはまだ対応できていない。同じ外野手でも、藤原の方が広角に打てる。

 あえて言わせてもらうと他がだらしない。歴代の大阪桐蔭を見ても、藤浪(阪神)、森(西武)を擁した春夏連覇の代、中田(日本ハム)や全国優勝した浅村(西武)の時の方が強かったように思う。それでも今年はライバル不在。このままでは「全国1強時代」に突入してしまう。100回記念大会の今夏も全国制覇の確率は80%以上。これは普通ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事