• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5月場所出る気満々 稀勢の里復活のカギは「相撲勘」の回復

「次に出る場所で覚悟を決める」

 かねてそう話していた横綱稀勢の里(31)が、12日、草加市で行われた春巡業に合流した。

 観衆の前で土俵入りを見せ、十両の佐田の海と稽古を10番。

「久しぶりで気持ちよかった。しっかりと体をつくって、万全の状態にしたい」

 と、満足げに話した。

 稀勢の里は優勝を果たした昨年3月場所で左上半身を負傷し、もっか6場所連続休場中。1月場所は「左大胸筋損傷の疑い、左前胸部打撲」で途中休場し、先場所も同様の理由で全休した。

 本人は「まだ時間がある。15日間、しっかり戦えるように心と体を鍛錬していきたい」とも話しているように、5月場所は出る気満々。問題は横綱の務めを果たせるかどうか、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事