• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大竹5失点で6連敗…壊滅的な巨人先発陣に救世主いるのか?

 巨人の先発がまた試合をブチ壊した。

 12日のDeNA戦で登板した大竹寛(34)が初回、神里にいきなり先頭打者本塁打を浴びると、打者一巡の猛攻を食らい、2発を含む6安打5失点。四回で降板した。巨人はこの日から4番に入ったマギーが3ランで反撃したものの、高橋由伸監督は「最初の5点はちょっと重いね」と渋い表情。泥沼の6連敗となった。

 チーム防御率は12球団ワーストの5・37に跳ね上がり、昨季までは強みだった先発陣が総崩れ。開幕から12試合で先発の平均投球回数は5・3回という惨状だ。

 高橋監督は春のキャンプの際、日刊ゲンダイのインタビューで「(抜けた)マイコラスの代わりはいない。もともと菅野と田口はある程度計算に入れているけど、他で少しずつ穴を埋めるしかない」と構想を語っていた。それが「計算に入れている菅野、田口」の左右のエースで勝てないこともあり、ズルズルと連敗を伸ばしている。二軍に誰か救世主はいないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事