• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

今やカーブは希少種…興味深かった中日柳のプロ初完封勝利

 ナゴヤドームで行われた10日の中日―ヤクルト戦を地元局とCS放送の中継で解説した。中日2年目のドラ1投手、柳裕也(23=写真)がプロ初完封勝利を挙げた試合である。

 好調ヤクルト打線を2安打2四球に抑え、試合はわずか2時間18分で終わった。制球がよく、直球に変化球をうまく織り交ぜ、相手打者に的を絞らせなかった。特に効いたのは、柳が得意とするカーブ。「ドロップ」と称された昔の落差の大きいものに比べたら変化は小さいが、この球があるから140キロそこそこの直球でも打者を詰まらせることができるのだ。

 以前は変化球の代名詞だったこのカーブ、今はすっかりその使い手が少なくなった。左投手は別として、パッと思い浮かぶのは、柳とソフトバンクの武田翔太(25)、楽天の岸孝之(33)くらいだろうか。代わりに台頭したのがスライダーで、これを投げない投手はいない、というくらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事