• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

快調に5連勝 DeNAロペスが担う「筒香の負担軽減」の役割

「DeNAは筒香のチーム」

 そういわれて久しい。

 実際、筒香(26)は15年からキャプテンを務め、翌16年には本塁打王と打点王に。昨年のWBCでは日本代表の4番に座った。今季の開幕戦では試合前に円陣を組み、声を出してナインを鼓舞。後輩を食事に誘うことも少なくない。名実ともにチームリーダーとなり、かかる負担はグラウンド内にとどまらない。その影響か、三冠王が期待された昨季はシーズン序盤、不振に陥った。

 そんな筒香にかかる重圧を軽くしているのがロペス(34)だ。練習や試合中には2人で会話する姿がよく見られる。

 ロペスは「日本語、英語、スペイン語をミックスしてしゃべっている。練習のときは前日の試合のことや、バッティングについて話したりする」と、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事