伊調へのパワハラ認定 栄和人氏が現場復帰するための条件

公開日:

 あのスキンヘッドが表に出てくることは、しばらくなさそうだ。

 女子レスリング五輪4連覇の伊調馨(33)に対するパワハラ行為が認定された栄和人前日本協会強化本部長(57)。日本協会の要職を辞任したが、所属する至学館大学レスリング部の監督は続投する。

 同大学の谷岡郁子学長によれば、現役の選手全員が「今後も栄監督の指導を受けることを望み、(栄監督も)健全なチームづくりの当事者としての責任を果たす意思を表明している」という。

 栄氏は現在も自宅療養を続けているとはいえ、協会が設置した第三者機関、内閣府のヒアリングに応じており、情緒不安定だった当初に比べて健康状態は回復しているとみられる。

 4月には新入部員を迎えたこともあり、ここにきてレスリング部での指導、6月の全日本選抜選手権での指揮など現場復帰に意欲を見せているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る