伊調へのパワハラ認定 栄和人氏が現場復帰するための条件

公開日:

 あのスキンヘッドが表に出てくることは、しばらくなさそうだ。

 女子レスリング五輪4連覇の伊調馨(33)に対するパワハラ行為が認定された栄和人前日本協会強化本部長(57)。日本協会の要職を辞任したが、所属する至学館大学レスリング部の監督は続投する。

 同大学の谷岡郁子学長によれば、現役の選手全員が「今後も栄監督の指導を受けることを望み、(栄監督も)健全なチームづくりの当事者としての責任を果たす意思を表明している」という。

 栄氏は現在も自宅療養を続けているとはいえ、協会が設置した第三者機関、内閣府のヒアリングに応じており、情緒不安定だった当初に比べて健康状態は回復しているとみられる。

 4月には新入部員を迎えたこともあり、ここにきてレスリング部での指導、6月の全日本選抜選手権での指揮など現場復帰に意欲を見せているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る