• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

卓球のプロとアマをめぐるシビアな人的交流の中で生きる

 相撲にモンゴル閥があり、駅伝にケニア閥がある。しかし、卓球の中国閥はもっと根が深い。

 卓球はもともとヨーロッパで生まれた競技だが、1990年代に入って中国が世界を制するようになった。95年から10年間の世界選手権では、全種目の91%のタイトルを中国勢が取っている。

 卓球の日本リーグに初めて中国人助っ人が登場したのは87年。その後も多くの選手が来日したが、今世紀に入ってから徐々にこの数が減り、それには理由があった。

 中国卓球協会は95年に誕生していた卓球リーグを、00年に超級リーグへ発展させてプロ化を打ち出した。

 一方の日本実業団リーグは不況から企業がチーム保持の目的を失って撤退が続き、中国選手の流入は減って、むしろ福原愛のように、日本選手が中国へと逆流を始めたのだ。さらに09年、中国卓球協会は自らの1強時代に見切りをつけ、世界競争による卓球の発展を促すべく大胆な“養狼計画”を打ち出した。“狼”すなわちライバルをつくろうと、自国のコーチの海外派遣を奨励し始めたのだ――宇さん夫婦の人生もこの流れをなぞっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る