• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

悪いのはハリルだけか 監督解任劇の裏に潜む私怨と巨悪

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)が昨9日、都内で緊急会見を開き、W杯ロシア大会(6月14日開幕)に出場する日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)を解任したと発表した。後任は1996年アトランタ五輪監督の西野朗技術委員長(63)が務める。

■会長は弁明と正当性の主張に終始

 W杯出場決定後の監督交代は、日本サッカー史上初の事態だ。同会長は「マリ戦(日本時間3月23日)、ウクライナ戦(同27日)の期間、選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れたこともあり、この結果になった」と理由を説明。W杯開幕まで2カ月しかないが、「決断が遅い? 予選を戦っている時から代えるリスク、代えないリスクを話してきた。状況が最後の最後に変わってしまった。最後までハリルホジッチ監督のチームで固まれるようにと努力した。残念ながらそれが実現できなかった。協会の責任? (W杯本大会の)2カ月前であったにもかかわらず、このような選択をしたのは、勝つ可能性を数パーセントでも上げたいから。状況を打破するため、監督を交代するという決断をした」と弁明に終始した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事