• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ガーナ相手に7発の大勝 川澄奈穂美なでしこ復帰の絶大効果

 2019年W杯予選を兼ねたアジア杯(6~20日=ヨルダン)を控えている日本女子サッカー代表「なでしこジャパン」(世界ランク11位)が1日、長崎でガーナ(同46位)と親善試合を行い、7―1で圧勝した。

 アジア杯への景気付けとなった試合で一番の注目は、11年W杯優勝メンバーでリオ五輪出場を逃した16年3月のアジア予選以来、2年ぶりの代表復帰となったFW川澄奈穂美(32=シアトル)の出来栄えだ。

 4―1で迎えた後半14分に途中出場。右FWに入り、2年の代表ブランクを感じさせないプレーを披露した。後半38分には、世界女王仲間であるDF鮫島彩に向けてドンピシャのクロスを供給。左足ダイレクトシュートを引き出した。

「右サイドから果敢に攻め入って精度の高いクロスをFWに送り、そして積極的にシュートも放っていくという持ち味は変わりなく、明るい性格でムードメーカーにもなれる。間違いなくプラス材料です」(初代なでしこ専任監督・鈴木良平氏)

 期待して良さそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事