• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

欧州遠征には落胆 “当落選上”の選手は無難なプレーばかり

 マリとウクライナに勝てなかったことは無論、ロシアW杯に向けて好材料ではないが、勝った、負けたの結果以上に注目していたポイントがある。

 欧州遠征メンバーの26人、特に当落線上と思われる選手が、どんな勇猛果敢なプレーを見せて指揮官にアピールするのだろうか? と期待しながら試合を見守った。

 結論から言う。ミスを恐れて無難なプレーばかりが目立ち、非常に落胆させられてしまった。

 トップ下で実績を残しているMF香川が遠征メンバーから外れ、マリ戦に先発したMF森岡、ウクライナ戦に先発したMF柴崎にとっては、W杯メンバー入りの可能性を高め、さらには香川の牙城に迫る好機だった。

 しかし、2人とも中盤でボールを丁寧にさばく場面ばかり。ゴールの予感を漂わせる絶妙パスを繰り出したシーンは1本あったような、なかったような……。この程度の印象しか残せないようではトップ下失格である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事