• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

釜本氏がハリルに同情「攻撃スイッチ入れる選手いない」

 ベルギーで行われた国際親善試合のマリ戦(23日)が、試合終了間際のFW中島のゴールで1―1のドロー決着に終わった後、ハリルホジッチ日本代表監督が「いろいろな情報を得られたが、ポジティブではないモノも多かった」と言えば、主将MF長谷部は「個人技でもチームとしてもやられた。このままでは(ロシアW杯は)苦しい」と表情をゆがめた。

 今回の対戦相手のマリは、日本がW杯グループリーグ2戦目で戦うセネガルの仮想敵国。もっとも「指揮官自ら言っているように選手個々のフィジカル、スピード、アイデアなどセネガルの方がレベルは断然上です」と現地取材中の元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう続ける。

「マリはレギュラー8人が不在。しかも20代前半までの選手が半数を占めており、日本に付け入る隙は十分にあった。しかしマリの方がコンビネーションがとれており、日本代表の完成度の低さが目についた試合でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る