• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

平身低頭に態度豹変も…貴乃花親方が消せないウソと矛盾

 貴公俊の付け人殴打事件以降、メディアへの対応や協会内での仕事ぶりが豹変した貴乃花親方(45)。ある親方によれば「平身低頭といった感じ」だそうだ。しかし、だからといって自身の行いがすべて水に流れるわけではない。

 貴乃花親方は3月場所初日を無断欠勤。翌日からも、「貴ノ岩の容体が予断を許さないため、常に医師と連絡を取り合う必要がある」という理由で、欠勤や早退を繰り返していた。それが弟子の事件が発覚するや、役員室に常駐するようになったのだから、いったい、貴ノ岩の容体うんぬんは何だったのか。これでは「弟子をダシにしてズル休みをしていた」と、自ら白状したようなものだ。

 暴行事件の「加害者」をめぐる扱いでは、ダブルスタンダードが明らかになった。昨年の秋巡業で貴ノ岩が日馬富士に殴られた際は、すぐさま鳥取県警に被害届を提出。協会に事前連絡がなかったことをとがめられるも、公平な裁きが必要と執拗だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る