• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貴乃花親方には致命傷に…貴公俊“付け人殴打流血”の衝撃

 18日、相撲協会が2件の新たな暴力事件を発表した。

 ひとつは峰崎部屋で、昨年9月から今年1月にかけて兄弟子が弟弟子を殴ったというもの。すでに弟弟子は引退したが、示談となっている。

 衝撃的だったのは、もうひとつの方だ。貴乃花部屋の貴公俊(20)がこの日、付け人を殴り、流血させていたことが発覚したのである。

「貴公俊が土俵下の控えに遅れて入ったのが発端です。新十両だけに、幕下時代とは勝手が違い、戸惑っていたのでしょう。付け人が指示するタイミングも悪かったそうで、慌てて駆け足で控えに入ったが、審判委員の境川親方に怒られた。直後の取組で負けたこともあってか、腹いせに支度部屋の裏で付け人を数発殴った。付け人は口の中を切って流血し、床には血痕が生々しく残っていた。ちょっと小突いた、というレベルではないでしょう」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事