• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

どこまで身勝手…貴乃花親方またも“2分でトンズラ”の怠慢

 この日もあっという間に去って行った。

 大相撲3月場所を初日から欠勤していた貴乃花親方(45)が16日、2日連続で出勤。が、“仕事場”の役員室に入ってからわずか2分40秒ほどで退室した前日に続き、2分に満たない滞在で会場を後にした。

 場所が始まる直前に、相撲協会を糾弾する告発状を内閣府に提出した貴乃花親方は、初日を無断欠勤。その後、2度にわたって「(暴行事件で被害を受けた)貴ノ岩の容体が心配で、医師と連絡を取り合う必要がある。会場に常時滞在は難しい」とするFAXを協会サイドに送ったものの、欠勤理由にならないと突っぱねられていた。

 そこで、会場に姿を現すようになったものの、「2分でトンズラ」じゃケンカを売るためだけに来ているようなもの。貴乃花親方は1月に理事を解任され、役員待遇委員に降格した。それでも、月額103万2000円もの報酬を協会から得ている。

 一連の言動に彼なりの大義、信念があるとしても、“気に食わない協会の連中とは話はしない、仕事もしない、でも、給料だけはもらいます”というのは、余りに虫がよすぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る