• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

19タコの日ハム清宮 オープン戦でヒット出ない本当の理由

「体が投手寄りに傾いて打ちにいくので、球を長く見られない。だからストレートに差し込まれ、変化球にも対応できないのです」

 日本ハムの清宮幸太郎(18=早実)について、他球団のスコアラーがこう言う。

 11日のDeNA戦では4三振。オープン戦は19打席連続無安打でいまだヒットがない。清宮は、「打ったと思っても前に打球が飛ばない。(プロの変化球は)キレもあるし、速球を打ちにいきながらというのは難しさがあるので、駆け引きも大事かなと思う」と課題を挙げる。

 前出のスコアラーは「ストレートをヒットにできれば、結果はついてくるはずです」と、こう続ける。

「清宮が打てないのは、カウントを取りにくるストレートを捉えきれていないからです。追い込まれてストレートと変化球の両方をアタマに入れながら打つことは、今の清宮にとっては簡単なことではない。まずは早いカウントでストレートを確実にヒットすることが大切でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事