19タコの日ハム清宮 オープン戦でヒット出ない本当の理由

公開日:

「体が投手寄りに傾いて打ちにいくので、球を長く見られない。だからストレートに差し込まれ、変化球にも対応できないのです」

 日本ハムの清宮幸太郎(18=早実)について、他球団のスコアラーがこう言う。

 11日のDeNA戦では4三振。オープン戦は19打席連続無安打でいまだヒットがない。清宮は、「打ったと思っても前に打球が飛ばない。(プロの変化球は)キレもあるし、速球を打ちにいきながらというのは難しさがあるので、駆け引きも大事かなと思う」と課題を挙げる。

 前出のスコアラーは「ストレートをヒットにできれば、結果はついてくるはずです」と、こう続ける。

「清宮が打てないのは、カウントを取りにくるストレートを捉えきれていないからです。追い込まれてストレートと変化球の両方をアタマに入れながら打つことは、今の清宮にとっては簡単なことではない。まずは早いカウントでストレートを確実にヒットすることが大切でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る