日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

選手を傷つけ自身も…北京五輪では情の野球で地獄を見た

北京五輪は惨敗だった(左が田淵幸一氏、右が山本浩二氏)(C)日刊ゲンダイ

 17年間の監督生活で日本一を果たしたのは、2013年の楽天時代の1度のみ。短期決戦に弱いと言われた理由を星野自身は、「オレの野球は情の野球」と言っていた。

 奇策を弄さず、用兵は型通り。シーズンを勝ち抜いた選手の力を信じ、託すのが星野流だと自負した…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事