• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャースカウトは心境複雑 大谷エンゼルス入りの波紋

メジャー公認球でキャッチボール(C)日刊ゲンダイ

 2年前の4月、「メジャーはスカウト受難の時代」と書いた。

 選手個々の能力を数値化、セイバーメトリクスを用いてチームづくりをする球団が増え、例えばドジャースは40人のスカウトをクビにした。

 あれから2年近くが経ち、そ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事