• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全治2週間が「3カ月」に…貴ノ岩の休場に“疑惑の診断書”

 一体、この2カ月間で何があったのか。

 14日初日の大相撲1月場所を休場する貴ノ岩(27)の診断書が、12日に公表された。

 診断書によれば、「平成29年10月26日、頭部外傷、頭皮裂創痕、右乳突蜂巣炎痕あり。繰り返す頭部打撲は、慢性硬膜下血腫発症の危険性を増すため、受傷後約3カ月程度は頭部打撲を避ける必要があり、上記により、平成30年1月の就業は困難であると考える」とある。

 10月26日といえば、貴ノ岩が日馬富士に殴られた日だ。しかし、昨年11月場所2日目に提出された診断書では、「全治2週間」とあった。それがいつのまにか、3カ月も相撲を取れない体になってしまったことになる。

 以前の診断書については、警察、検察ともに問題はないと見ていた。なのに貴乃花親方(45)は以前から、貴ノ岩の1月場所休場をほのめかしていた。つまり、「こんなに重いケガなんですよ」とアピールすることで、いかに被害が大きいかを訴えたかったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る