• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フィギュア世界女王メドベージェワが復帰 平昌五輪出場へ

 世界選手権2連覇中の女子フィギュアスケートのエフゲニア・メドベージェワ(18=ロシア=写真)が痛めていた右足の故障が回復したため、17日開幕の欧州選手権(モスクワ)で復帰することになった。

 ロシアの女王は今季、右中足骨を骨折し、昨年12月のGPファイナル(名古屋)とロシア選手権を欠場した。

 会見したロシア連盟のアレクサンドル・ゴルシコフ会長は「メドベージェワは一生懸命に練習し、欧州選手権やその後の大会に向けて準備している。ケガの影響はなく、以前の姿を見られることを期待している」と話し、平昌五輪への出場を示唆した。

 国ぐるみのドーピング違反でIOC(国際オリンピック委員会)から資格停止処分を科されたロシアは個人資格で参加できる。ロシア連盟はフィギュアの出場選手を欧州選手権後に発表するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る