• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

短距離女王・福島千里 肉体改造とニンジンで記録更新狙う

 陸上短距離の日本女王が20年東京五輪に向けて再スタートを切った。

 100メートル(11秒21)、200メートル(22秒88)日本記録保持者の福島千里(29)が11日、セイコーへの入社を発表した。

 昨年8月から同社陸上部の練習に参加し、所属するリオ五輪4×100メートルリレー銀メダルの山県亮太(25)とともに汗を流してきた。

 昨年1月のプロ転向後、単独で練習してきた福島は「チームメートに山県さんがいるのは幸せなこと。勉強になるし、刺激になる」とし、今季の目標に「日本選手権優勝、アジア大会金、(100メートル、200メートル)日本記録更新」を掲げた。

 長らく日本女子短距離を牽引してきた福島も今年の6月で三十路を迎える。年齢的に上積みは期待しにくいが、ここにきて肉体改造に成功した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る