• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人杉内“最後の仕事”は清宮倒した2年目大江のコーチ役

 巨人・杉内俊哉(37)が11日、鹿児島・薩摩川内市で行っている自主トレを公開。約40メートルのキャッチボールなど約3時間、練習を行った。

 2015年10月に右股関節の手術を受けた。昨年は左肩痛を発症。その影響でここ2年、一軍のマウンドから遠ざかっている。「チームは2年半待ってくれている。何とか一軍で結果を出したい」と意気込んだものの、現実は厳しい。

 今オフは同学年の村田、実松が戦力外となった。杉内だけが生き残ったのは、球団が一時代を築いた左腕に「若手のコーチ役」を期待しているからともっぱら。今回は高卒2年目左腕の大江竜聖(18)を同行させている。

 15年秋。二松学舎大付のエースだった大江は、秋季東京大会で清宮(現日本ハム)擁する早実を2―1で倒し、甲子園夏春連続出場を阻止した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事