• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人杉内“最後の仕事”は清宮倒した2年目大江のコーチ役

 巨人・杉内俊哉(37)が11日、鹿児島・薩摩川内市で行っている自主トレを公開。約40メートルのキャッチボールなど約3時間、練習を行った。

 2015年10月に右股関節の手術を受けた。昨年は左肩痛を発症。その影響でここ2年、一軍のマウンドから遠ざかっている。「チームは2年半待ってくれている。何とか一軍で結果を出したい」と意気込んだものの、現実は厳しい。

 今オフは同学年の村田、実松が戦力外となった。杉内だけが生き残ったのは、球団が一時代を築いた左腕に「若手のコーチ役」を期待しているからともっぱら。今回は高卒2年目左腕の大江竜聖(18)を同行させている。

 15年秋。二松学舎大付のエースだった大江は、秋季東京大会で清宮(現日本ハム)擁する早実を2―1で倒し、甲子園夏春連続出場を阻止した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る