無抵抗は同情を買うためか 貴乃花親方“沈黙”に透ける限界

公開日:

 あるいは貴乃花親方も一派の評議員も、単に他の理事や評議員たちを説得するだけの言葉も材料も持っていなかっただけなのか。

 いずれにせよ、言いたいことは紙に書いたからあとは読んでくれという態度では、主義や主張は伝わらない。本当に自分に非がないと思っているのなら、話し合いの場で説明や説得をすることが不可欠。一部メディアを使った情報操作だけでは説得力に欠けるし、限界がある。そんな手法も協会内での勢力減につながっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る