• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

即戦力期待の田嶋 “オリドラ1不発“ジンクスを破れるか

 10日、オリックスの新人合同自主トレがスタート。ドラフト1位の田嶋大樹(21=JR東日本)は練習後、「無理せず、投げたときのバランスだけ意識しました」と振り返った。

 オリックスのドラフトは徹底した「即戦力志向」。統一ドラフト元年の2008年を除き、09年から17年まで、ドラ1は大学・社会人しか取っていない。

 吉田一将(13年=JR東日本)、山崎福也(14年=明大)、山岡泰輔(16年=東京ガス)はアマ時代から注目株だったにもかかわらず、13年は大瀬良(九州共立大)が3球団、石川歩(東京ガス)が2球団競合。14年は有原(早大)が4球団、16年は田中(創価大)が5球団、柳(明大)が2球団かぶったことで、オリックスは単独で3人の即戦力投手を獲得した。

 田嶋もドラフト前は「ナンバーワン即戦力左腕」と注目され、西武と競合の末に福良監督が当たりクジを引き当てている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る