岡島秀樹
著者のコラム一覧
岡島秀樹元プロ野球選手

1975年12月25日生まれ。京都市出身。東山高から93年のドラフト3位で巨人入団。2006年にトレードで日本ハムに移籍し、同年11月にレッドソックスと契約。移籍1年目はセットアッパーとしてチームの世界一に貢献した。12年にソフトバンクで日本球界に復帰してからは日米3球団を渡り歩いた。メジャー通算266試合に登板し、17勝8敗、6セーブ、防御率3.09。

クラブハウスの音楽は大輔君の先発時に一番気をつかった

公開日:  更新日:

 長らく、レッドソックスの主砲を務めたデービッド・オルティスはリーダー的存在でした。当時、主将は捕手のバリテックでしたが、オルティスはクラブハウスや移動の車中を仕切っていました。

 空港へ移動するバスは2台で、首脳陣とスタッフ、選手で分乗します。試合後、テンションが高ぶっている選手が多いので、勝っても負けても車中は遠足のような雰囲気でした。オルティスはチームを盛り上げようと、さまざまな余興を企画しました。豪快なスイングとは対照的に、オルティスは細かい気配りができる人です。選手をバスの前方で歌わせるのも、そのひとつ。歌い手に指名されるのはルーキーに限りません。オルティスはよく自分と同じ野手を指名していました。

「きょう、打てなかったヤツは出てこい」と命じ、アカペラで1曲披露させるのです。

 僕や大輔(松坂)君も例外ではありません。僕は洋楽は無理なので、自分のカラオケのレパートリーの中から、80年代の人気ロックグループ「BOO/WY」の「NO.NEW YORK」をチョイスしました。「NEW YORK」を連呼する箇所があるため、チームメートに分かりやすいと思ったからです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る