• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
岡島秀樹
著者のコラム一覧
岡島秀樹元プロ野球選手

1975年12月25日生まれ。京都市出身。東山高から93年のドラフト3位で巨人入団。2006年にトレードで日本ハムに移籍し、同年11月にレッドソックスと契約。移籍1年目はセットアッパーとしてチームの世界一に貢献した。12年にソフトバンクで日本球界に復帰してからは日米3球団を渡り歩いた。メジャー通算266試合に登板し、17勝8敗、6セーブ、防御率3.09。

クラブハウスの音楽は大輔君の先発時に一番気をつかった

 長らく、レッドソックスの主砲を務めたデービッド・オルティスはリーダー的存在でした。当時、主将は捕手のバリテックでしたが、オルティスはクラブハウスや移動の車中を仕切っていました。

 空港へ移動するバスは2台で、首脳陣とスタッフ、選手で分乗します。試合後、テンションが高ぶっている選手が多いので、勝っても負けても車中は遠足のような雰囲気でした。オルティスはチームを盛り上げようと、さまざまな余興を企画しました。豪快なスイングとは対照的に、オルティスは細かい気配りができる人です。選手をバスの前方で歌わせるのも、そのひとつ。歌い手に指名されるのはルーキーに限りません。オルティスはよく自分と同じ野手を指名していました。

「きょう、打てなかったヤツは出てこい」と命じ、アカペラで1曲披露させるのです。

 僕や大輔(松坂)君も例外ではありません。僕は洋楽は無理なので、自分のカラオケのレパートリーの中から、80年代の人気ロックグループ「BOO/WY」の「NO.NEW YORK」をチョイスしました。「NEW YORK」を連呼する箇所があるため、チームメートに分かりやすいと思ったからです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る